麻酔は痛くない!?

歯科衛生士の前田です。

今回は 歯科治療で日頃当院が使っている麻酔についてお話ししたいと思います。

歯科治療をする上で ごく小さいむし歯の治療では 麻酔をするほどの事はないのですが
神経まで達している大きなむし歯の治療や
外科的な治療や 中には 歯を削っている時に急にくるキン!とする痛みがイヤだからと
麻酔を希望されて打つ場合もあります。

当院では まず 麻酔を打つ前に
表面麻酔 といって 麻酔の針を刺す歯ぐきに ゲル状の薬を塗布します。


針を刺す時になるべく痛くないように 
粘膜に効かせる麻酔です。
歯ぐきに針を刺す時のチクッとする感覚を少しでも軽減させるのが目的です。

他にも スプレータイプ表面麻酔もあります。
こちらは 主に 歯石取りの時 痛みに敏感な患者様などに使用したりしています。

歯科治療は痛みが伴うことが多い為
そこに恐怖心を持たれている患者様も多く
できるだけ 痛みを感じない治療をと心がけています。

次に
浸潤麻酔 です。
痛みをとりたい部分の歯ぐきに麻酔薬を注射する、いわゆる歯科の麻酔です。
多くの患者さんから嫌われている不人気度の高い処置の一つですが、細くて切れの良い針が開発され、また麻酔薬の温度管理にも気を配ることで以前よりはるかに痛くない注射になっています。

歯科の麻酔は 局所的に効かせることが主ですが
下顎の奥歯は麻酔が比較的効きにくい場所です。

そこでこの部分の治療を行う場合には浸潤麻酔に加えて伝達麻酔という方法を用いることがあります。脳から出た神経が下顎に向かう途中に麻酔薬を作用させることで、口唇や舌を含む広い範囲によく効く麻酔が得られるのです。 

親知らずの抜歯をする時など しっかり麻酔を効かせたい時などに行う麻酔の方法です。

「痛い時は手をあげて下さいね。」
と言われて 手をあげたのに
「もう 終わりますので 頑張って下さい」
と続けられた💧
というような話を聞いたりもします。

痛みに 強い人 弱い人
感覚は千差万別 人それぞれです
患者様の反応に敏感に対応できるよう
努めていかなければいけません。

ケンタロウ歯科の麻酔は痛くないと好評です✨

何か 不安なこと 知っていてほしいことがあれば 遠慮なく スタッフにお声かけ下さい。

ケンタロウ歯科 福岡市南区柏原1-2-2 / Tel 0120-37-1815

PAGE TOP