ケア(予防)

予防治療

むし歯の予防

むし歯の予防

むし歯の予防は歯の質・細菌・食習慣・時間がカギです。フッ素を歯に塗ることで歯を強くし、むし歯の予防をします。 歯科衛生士が磨き癖を見つけ、正しい歯磨きの仕方を教えます。歯磨きを丁寧に行うことでむし歯菌の数が減り、むし歯の予防に繋がります。

関連記事一覧<ここをタップ!>
  • お子さんにおすすめの歯ブラシ・歯磨き粉の紹介✨

    ケア(予防)むし歯予防小児

    こんにちは、受付の豊島です✨今回は、当院でお子さんにお勧めしている歯ブラシ・歯磨き粉・フッ素うがいを年齢別に紹介していこうと思います! まず歯ブラシの紹介です🪥当院ではお子様用の歯ブラシとしてこちらのブラシをご準備しております!ま...

    続きを読む
  • 油断は禁物!飲み物には要注意⚠️

    むし歯予防歯のコラム

    こんにちは。歯科衛生士の小山です😊!最近ぐずついた天気が続きますが、いかがお過ごしでしょうか?今回はむし歯になりやすい飲み物についてお話ししたいと思います。みなさんは昔、理科の授業で習った「酸性・中性・アルカリ性」を覚えていますでしょうか?...

    続きを読む
  • フッ素うがい、ご存知ですか?

    ケア(予防)むし歯予防小児

    こんにちは 歯科助手 ナガトです😊梅雨明けして🌤暑くなってきましたね。皆さん体調崩されてませんか?バランス良く、きちんと食事して、水分補給をして、熱中症には気をつけて下さいね✨さて、夏になると、アイスクリーム・かき氷など、冷たい甘いモノ、デ...

    続きを読む

歯周病の予防

歯周病の予防

最近では、様々な研究により歯周病と全身の病気との関係性が明らかになってきています。歯周病の予防を行うことは、身体全体の健康にも良い影響を及ぼします。定期検診では、普段の歯磨きでは落とせない歯垢・歯石を取り除き、歯周病の再発を防ぎます。しかし、歯周病の予防で1番大事なのは毎日の歯磨きです。定期検診と歯磨きの両方で歯周病を予防しましょう。

関連記事一覧<ここをタップ!>
  • 定期検診の重要性😊

    ケア(予防)むし歯予防歯周病の予防

    こんにちは、受付の飯田です❗️みなさん‼️最後に歯医者に検診に行ったのはいつ頃ですか❓学校や職場で定期的に健康診断は受けていても、歯科検診を定期的に受けている方は少ないのではないのでしょうか😨😨その理由は様々で、、「行きたいけど時間がない」...

    続きを読む

口腔ケアとオーラルフレイル・口腔機能低下症の予防

口腔ケアとオーラルフレイル・口腔機能低下症の予防

加齢とともに唾液の分泌量は減少します。口の中が乾燥すると飲み込みにくくなったり、むし歯になりやすくなったり、口臭の原因になります。最近滑舌が悪くなった、食べる時にこぼす、むせやすくなった、噛めない食品が増えてきた、口が乾燥しやすいなどの症状がある場合オーラルフレイルもしくは口腔機能低下症の可能性があります。口腔ケアを行い、舌圧を鍛えることでむせにくくなることもあります。このような症状がある方は一度ご相談下さい。

関連記事一覧<ここをタップ!>
  • 以前より噛めなくなったりむせることが多くなった方、オーラルフレイルかもしれません。

    口腔ケアとオーラルフレイル・口腔機能低下症の予防高齢者

    こんにちは 歯科衛生士の前田です。皆さんは「オーラルフレイル」という言葉を聞いたことがありますか?「オーラル」=口腔の「フレイル」=虚弱  を意味します。簡単に言うと[口を介した体の衰え] のことです。年齢を重ねて足腰の筋力が低下するのは一...

    続きを読む

誤嚥性肺炎の予防

誤嚥性肺炎の予防

普段食べ物を飲み込む場合、口から食道を通って胃に入るのですが、うまく飲み込めない方は間違って口から気管を通って肺に入ることがあり、それが原因で肺炎を起こすことがあります。しかし、口の中の細菌の量が少ないと誤嚥性肺炎を起こす確率が低くなるという研究結果がありますので、なるべく口の中を健康に保って、誤嚥性肺炎のリスクを減らしましょう。

関連記事一覧<ここをタップ!>
  • 誤嚥性肺炎について

    ケア(予防)誤嚥性肺炎の予防高齢者

    こんにちは、歯科衛生士の小山です。新型コロナウイルスの流行により、多くの方が困っておられると思います。早く流行がおさまってほしいと願うばかりです。😔コロナウイルスにおいては未だ不確定要素が多く日々色々な情報が飛び交っていると思いますが、「肺...

    続きを読む

インプラント周囲炎の予防

インプラント周囲炎の予防

インプラント治療をしたまま、インプラントのメインテナンスをしていない患者様が多く見受けられます。インプラントの周りにプラーク・歯石がついた状態が続くとアゴの骨が溶けてしまいます。これをインプラント周囲炎といい、場合によってはインプラントが抜けてしまいます。せっかく高額な治療をしたにも関わらずこのような病気になってしまう可能性がありますのでインプラント治療後は必ず定期検診を受け、インプラント周囲炎の予防をしましょう。

関連記事一覧<ここをタップ!>
  • 誤嚥性肺炎について

    ケア(予防)誤嚥性肺炎の予防高齢者

    こんにちは、歯科衛生士の小山です。新型コロナウイルスの流行により、多くの方が困っておられると思います。早く流行がおさまってほしいと願うばかりです。😔コロナウイルスにおいては未だ不確定要素が多く日々色々な情報が飛び交っていると思いますが、「肺...

    続きを読む

ページトップへ戻る