キュア

むし歯治療

大人のむし歯治療

歯が痛い、しみるという症状がある方、むし歯の可能性があります。当院では出来るだけ歯を削らないMI(Minimal Intervention:最小限の侵襲)治療を行なっています。痛くない麻酔、痛くない治療を心がけ、できるだけ歯の神経を残します。なるべく金属は使わずにコンポジットレジンと呼ばれる樹脂を用います。

子どものむし歯治療

乳歯のむし歯は進行が速いのですが、子どもはむし歯の痛みに鈍いため、むし歯が大きくなっていても気付きにくいです。 歯医者が初めての子、苦手な子はいきなり治療は行わず、歯みがきから始めます。少しずつ歯医者に慣れさせることが大事です。できるだけ痛くない治療・神経を取らない治療・金属を使わない治療を行なっています。

むし歯治療の進行度と治療方法

  • 進行度 C1

    歯の表面のエナメル質、またはその内側の象牙質表面が侵食された状態です。まだ自覚症状はなく、歯の表面に黒い着色または白い斑点が見られます。 

    治療方法

    むし歯の部分を削り、レジンなどを詰めます。この段階であれば簡単な治療で済みます。

  • 進行度 C2

     象牙質までむし歯の侵食が及んだ状態です。冷たいものがしみる、甘い食べ物で痛みを感じるなどの自覚症状が出てきます。

    治療方法

    侵食された部分を削り、薬剤にて刺激を防ぎ神経の保護を行います。その後は詰め物で患部をカバーします。

  • 進行度 C3

    虫歯が重症化して、侵食が神経に達した状態です。神経に炎症が起こると激しい痛みを伴います。

    治療方法

    虫歯に侵食された部分を削り、神経を取ります。神経が通っている根管内の細菌を除去する根管治療も行います。その後は被せ物でカバーします。

  • 進行度 C4

    歯の表層部分はほとんど解けてしまい、歯肉に隠れた根の部分だけが残っている状態です。歯の根で炎症が起こると痛みが出ます。

    治療方法

    できる限り歯は残したいところですが、ここまでくると抜歯に至ることが多いです。抜歯後はインプラントや入れ歯、ブリッジなどで補います。

歯の詰め物・被せ物

保険内(コンポジットレジン・CAD冠・金属)と保険外(セラミック)による治療を行なっています。近年では保険内でも金属を使わない治療が増えています。なるべく金属を使わない治療を行い、金属アレルギーに配慮しています。

根管治療(歯の根の治療)

噛むと痛いという症状があれば歯の根の先に膿が溜まっている可能性があります。歯の根の治療は、歯の土台となるとても大切な治療です。歯の根の形は非常に複雑なため根の治療は時間がかかります。治療の成功の鍵は治療中に唾液が入らないようにし、いかに根管内を無菌に近づけるかが重要です。

歯がなくなった時の治療

インプラント治療

当院では世界的なシェアを誇るバイオホライズン社やストローマンのインプラントを使用しています。長期的な予後の良いインプラント治療を行うことで、いつまでも美味しく食事をすることができます。噛める喜びを取り戻しましょう。当院ではインプラント治療のメリット・デメリットを説明し、患者様にとって本当にインプラント治療が必要なのかどうかを見極め、必要な患者様にはインプラントのご提案をしています。

Meritメリット

  • あごの骨に直接人工歯根を埋め込むので、噛み心地が天然歯に近い
  • 周囲の歯を削らずしっかり噛めるので他の歯に負担をかけない

Demeritデメリット

  • 保険適用の治療ではないので、費用負担が大きい
  • 外科的手術が必要なため、身体的負担がある
インプラント治療 1歯 ¥330,000
インプラント周囲炎治療 ¥55,000
GBR(骨誘導再生法) ¥55,000
ソケットリフト/
サイナスリフト
¥55,000

※価格は税込価格となります。

入れ歯

よく咬める入れ歯、外れにくい入れ歯、痛くない入れ歯を作製します。痛みがある場合は、咬み合わせの調整や床下粘膜調整材等を用いて調整を行い、不快感と痛みを取り除きます。入れ歯は除菌をしっかりと行い、カンジダ症を予防します。

ノンクラスプデンチャー ¥110,000~¥220,000
金属床義歯 ¥165,000~¥220,000
インプラント義歯 ¥330,000〜¥1,980,000

※価格は税込価格となります。

歯周病の専門治療

歯がぐらついたり歯磨きの時に血が出る方は歯周病かもしれません。歯を失う最大の病気は歯周病です。検査・診査を基に歯周病の正確な診断を行います。患者様・歯科医師・歯科衛生士の3名が力を合わせて歯周病の治療を行います。プラークコントロールを徹底し、歯石を綺麗に取り除きます。歯周病再生治療薬であるリグロスを用いた歯周組織再生療法を行なっています。(保険適応)

Point

当院の歯周病治療の特徴

歯周病に精通した院長と経験豊富な衛生士が、患者様の症状改善をサポートします。初回は、治療にかかる回数など先の見通しをしっかりご説明。歯磨きについては、患者様が毎日ご自宅で取り組みやすいよう、わかりやすい指導に努めています。
また、専用の機械や器具を駆使し、すみずみまでキレイに歯石を除去。歯周病が進行し歯が溶けてしまっている場合でも、それを再生させる歯周外科手術まで当院内で行います。医師・衛生士・患者さんの三者で歯周病を治せるよう、細やかに対応いたします。

歯周病発症の進行度

  • 健康な歯肉

    歯と歯ぐきの間にすき間はほとんどなく、歯ぐきの色は健康的なピンクで腫れもなくすっきりしています。歯磨きの時に出血するようなこともまだありません。

  • 軽度歯周病

    歯と歯ぐきの間に歯周ポケットと呼ばれる溝が発生し、歯垢や歯石が溜まりやすくなっていきます。歯肉の腫れが増えてぶよぶよしてきますし、放置すると次第に歯槽骨の溶解も始まります。

  • 中度歯周炎

    歯周ポケットが深くなり、腫れや出血も多くなり、口臭もきつくなっていきます。重症化が進むと歯を支えている歯槽骨の破壊が進み、歯がぐらつき始めます。

  • 重度歯周炎

    歯ぐきの化膿が進んで赤みや紫色を帯びるようになり、歯のぐらつきもひどくなります。放置すると歯を失うこともあります。

口腔外科治療

奥歯が痛い・奥歯の周りの歯茎が痛い・アゴが痛い方、親知らずが原因の可能性があります。親知らずが原因だとしても必ずしも親知らずを抜かないといけない訳ではなく、親知らずの生え方や埋まり方で抜歯するかどうかを判断します。抜歯した後の痛み、腫れ方には個人差があります。当院で抜歯が難しい場合はお近くの口腔外科を紹介します。

咬み合わせの治療

咬み合わせは非常に重要です。咬み合わせが悪いと顎関節症になったり、局所に歯周病が進行する原因になります。咬み合わせが悪い場合は、精密な咬み合わせの調整を行います。被せ物が入っている歯に対しては精密な仮の歯を作製し、不具合をなくしていきます。

知覚過敏の治療

むし歯でなくても歯がしみることがあります。冷たい飲み物を飲んだときに歯がしみる場合、知覚過敏の可能性があります。また、咬む力が強い方は歯の根元が欠けてしまいしみる場合があります。知覚過敏の場合は歯を削らずに知覚過敏用のお薬を歯に塗布したり、欠けたところをコンポジットレジンと呼ばれる材料で修復します。

ページトップへ戻る