ケンタロウ歯科の診療案内

ケンタロウ歯科ではキュア・ケア・ビューティに分けて治療を行なっています。
キュアでは主に痛みを取り除く治療、ケアでは予防・メインテナンス、ビューティでは口元を美しくする治療を行っています。

キュア

  1. むし歯の治療

    むし歯の治療

    歯が痛い、しみるという症状がある方、むし歯の可能性があります。出来るだけ歯を削らないMI(Minimal Intervention:最小限の侵襲)治療を行なっています。痛くない麻酔、痛くない治療を心がけています。できるだけ歯の神経を残します。なるべく金属は使わずにコンポジットレジンと呼ばれる樹脂を用います。

  2. 子どものむし歯治療

    子どものむし歯治療

    乳歯のむし歯は進行が速いのですが、子どもはむし歯の痛みに鈍いため、むし歯が大きくなっていても気付きにくいです。 歯医者が初めての子、苦手な子はいきなり治療は行わず、歯みがきから始めます。少しずつ歯医者に慣れさせることが大事です。できるだけ痛くない治療・神経を取らない治療・金属を使わない治療を行なっています。

  3. 歯周病の専門治療

    歯周病の専門治療

    歯がぐらついたり歯磨きの時に血がでる方、歯周病かもしれません。歯を失う最大の病気は歯周病です。検査・診査を基に歯周病の正確な診断を行います。患者様・歯科医師・歯科衛生士の3名が力を合わせて歯周病の治療を行います。プラークコントロールを徹底し、歯石を綺麗に取り除きます。歯周病再生治療薬であるリグロスを用いた歯周組織再生療法を行なっています。(保険適応)

  4. インプラント治療

    インプラント治療

    インプラント治療のメリット・デメリットを説明し、患者様にとって本当にインプラント治療が必要なのかどうかを見極めます。当院では世界的なシェアを誇るバイオホライズン社のインプラントを使用しています。長期的な予後の良いインプラント治療を行うことで、いつまでも美味しく食事をすることができます。噛める喜びを取り戻しましょう。

  5. 咬み合わせの治療

    咬み合わせの治療

    咬み合わせは非常に重要です。咬み合わせが悪いと顎関節症になったり、局所に歯周病が進行する原因になります。精密な咬み合わせの調整を行います。被せ物が入っている歯に対しては精密な仮の歯を作製し、不具合をなくします。

  6. 根管治療(歯の根の治療)

    根管治療(歯の根の治療)

    咬むと痛いという症状があれば歯の根の先に膿が溜まっている可能性があります。歯の根の治療は歯の土台となるとても大切な治療です。歯の根の形は非常に複雑なため根の治療は時間がかかります。治療の成功の鍵は治療中に唾液が入らないようにし、いかに根管内を無菌に近づけるか、です。

  7. 歯の詰め物・被せ物

    歯の詰め物・被せ物

    保険内(コンポジットレジン・CAD冠・金属)と保険外(セラミック)による治療を行なっています。近年では保険内でも金属を使わない治療が増えており、色々な治療法を提案します。なるべく金属を使わない治療を行い、金属アレルギーに配慮します。

  8. 知覚過敏

    知覚過敏

    むし歯でなくても歯がしみることがあります。冷たい飲み物を飲んだときに歯がしみる場合、知覚過敏の可能性があります。また、咬む力が強い方は歯の根元が欠けてしまいしみる場合があります。知覚過敏の場合は歯を削らずに知覚過敏用のお薬を歯に塗布します。あるいは歯の欠けたところをコンポジットレジンと呼ばれる材料で歯の修復治療を行います。

  9. 親知らずの抜歯

    親知らずの抜歯

    奥歯が痛い・奥歯の周りの歯茎が痛い・アゴが痛い方、親知らずが原因の可能性があります。親知らずが原因だとしても必ずしも親知らずを抜かないといけない訳ではなく、親知らずの生え方や埋まり方で抜歯するかどうかを判断します。抜歯した後の痛み、腫れ方には個人差があります。また、親知らずを抜くのが難しい場合はお近くの口腔外科を紹介します。

  10. 入れ歯

    入れ歯

    よく咬める入れ歯、外れにくい入れ歯、痛くない入れ歯を作製します。痛みがある場合は、咬み合わせの調整や床下粘膜調整材等を用いて調整を行い、痛みを取り除きます。不快感を取り除く努力をします。入れ歯の除菌を行い、カンジダ症を予防します。

ケア

  1. インプラント周囲炎の予防

    インプラント周囲炎の予防

    インプラント周囲炎という言葉を聞いたことがありますか?インプラント治療をしたまま、インプラントのメインテナンスをしていない患者様が多く見受けられます。インプラントの周りにプラーク・歯石がついた状態が続くとアゴの骨が溶けてしまいます。これをインプラント周囲炎といい、場合によってはインプラントが抜けてしまいます。せっかく高額な治療をしたにも関わらずこのような病気になってしまう可能性がありますのでインプラント治療後は必ず定期検診を受け、インプラント周囲炎の予防をしましょう。<a>aaa</a>

  2. むし歯の予防

    むし歯の予防

    むし歯の予防は歯の質・細菌・食習慣・時間がカギです。フッ素を歯に塗ることで歯を強くし、むし歯の予防をします。 歯科衛生士が磨き癖を見つけ、正しい歯磨きの仕方を教えます。歯磨きを丁寧に行うことでむし歯菌の数が減り、むし歯の予防に繋がります。また、糖分の摂取量やダラダラ食べに気を付けましょう。

  3. 歯周病の予防

    歯周病の予防

    最近では、様々な研究により歯周病と全身の病気との関係性が明らかになってきています。歯周病の予防を行うことは、身体全体の健康にも良い影響を及ぼします。定期検診では、普段の歯磨きでは落とせない歯垢・歯石を取り除き、歯周病の再発を防ぎます。しかし、歯周病の予防で1番大事なのは毎日の歯磨きです。定期検診と歯磨きの両方で歯周病を予防しましょう。

  4. 口腔ケアとオーラルフレイル・口腔機能低下症の予防

    口腔ケアとオーラルフレイル・口腔機能低下症の予防

    加齢とともに唾液の分泌量は減少します。口の中が乾燥すると飲み込みにくくなったり、むし歯になりやすくなったり、口臭の原因になります。最近滑舌が悪くなった、食べる時にこぼす、むせやすくなった、かめない食品が増えてきた、口が乾燥しやすいなどの症状がある場合オーラルフレイルもしくは口腔機能低下症の可能性があります。口腔ケアを行い、舌圧を鍛えることでむせにくくなることもあり、オーラルフレイルや口腔機能低下症の予防をしましょう。

  5. 誤嚥性肺炎の予防

    誤嚥性肺炎の予防

    普段食べ物を飲み込む場合、口から食道を通って胃に入るのですが、うまく飲み込めない方は間違って口から気管を通って肺に入ることがあり、それが原因で肺炎を起こすことがあります。しかし、口の中の細菌の量が少ないと誤嚥性肺炎を起こす確率が低くなるという研究結果がありますので、なるべく口の中を健康に保って、誤嚥性肺炎のリスクを減らしましょう。

ビューティ

  1. 矯正治療

    矯正治療

    歯並びが気になっていませんか?美しい笑顔は口元から。歯並びを綺麗にしてあなたも美しい笑顔を手に入れましょう。当院では目立たないセラミックブラケットを使用しています。部分矯正や歯の裏側にブラケットをつける矯正も行なっていますので歯並びが気になっている方はお気軽にご相談ください。

  2. マウスピース矯正

    マウスピース矯正

    今マウスピース矯正が増えています。1日17時間以上マウスピースを装着することで少しずつ歯を動かします。食事中や歯磨きの時はマウスピースを外しますのでむし歯になりにくいです。見た目もほとんど気になりませんし、喋りづらさもほとんどありません。通常の矯正治療で見た目が気になる方はマウスピース矯正をおすすめします。

  3. 審美歯科

    審美歯科

    口を大きく開けて笑えていますか?美しく仕上げること、これは私たちが常日頃から心がけていることです。美しい口元をあなたに与え、素敵な笑顔になれるように全力でお手伝いします。まずはどんなことでお悩みなのか、あなたの話を聞かせて下さい。

  4. ホワイトニング

    ホワイトニング

    ホワイトニングはクリニックで行うオフィスホワイトニングとご自宅で行うホームホワイトニングに分けられます。オフィスホワイトニングは歯に直接ホワイトニング剤を塗布し、約2時間で歯が白くなります。ホームホワイトニングはマウスピース作製後、ホワイトニング剤をマウスピースに注入、1日2時間装着し、約2週間で徐々に歯が白くなります。

  5. 子どもの矯正治療

    子どもの矯正治療

    歯並びが悪くなる原因は歯の大きさとあごの大きさの不調和です。歯の大きさとあごの大きさの調和がとれていると歯は自然に並びます。歯の大きさは変えることはできませんが、アゴを広げることはできます。10歳くらいまでであればアゴを広げることで歯が自然に並びます。咬み合わせが反対(咬んだ時に上の前歯より下の前歯が出ている)の場合は年齢に関係なく早めの受診をおすすめします。

PAGE TOP