新着情報

日本人は歯の定期検診に行かない?

  • 歯のコラム

こんにちは 歯科衛生士の前田です。

暖かい日が続いたかと思うと 急に寒くなったり 皆さん 体調にはお気をつけ下さい。

さて 今回は

日本人🇯🇵と世界🌎の人たちのお口の中を比較して見ていきたいと思います。

まず 虫歯についてです。

<虫歯が多い国 ランキング(40ヵ国)>

1位:ウクライナ:58.7%
2位:カザフスタン・ロシア:58.2%
3位:サウジアラビア:54.5%
9位:フィリピン:49.1%
23位:日本:35.5%
最下位:スウェーデン:12.6%

スウェーデンが 世界一 虫歯🦷 が
少ない国となっています。

歯周病でも
80歳代で日本人とスウェーデン人の残っている歯の本数は約8本も差があると言われています。

<80歳代で残っている歯の本数>

日本🇯🇵 13本

スウェーデン🇸🇪 21.1本

なぜ こんなに 差があるのかと言うと

歯の定期検診の受診率の違いにあります。

<歯の定期検診の受診率>

日本🇯🇵 10%未満

スウェーデン🇸🇪 80%以上

スウェーデン🇸🇪では 
20歳まで 歯医者さんでの 検診 治療ともに 無料で受けられるそうです。

なので 歯医者に行くと、どうやって歯を磨いたらいいか、寝る前にどういうケアをしたらいいか、どうして歯医者に来なくちゃいけないかとか 指導を受けるそうです。

次に
これは アメリカ🇺🇸と日本🇯🇵の比較です。

歯科を受診する理由
  
 アメリカ🇺🇸
  1位 歯科検診 45.4%
  2位 歯周病の予防 37.2%
3位 治療目的 12%

 日本🇯🇵
  1位 治療目的 59.1%
  検診やメンテナンス 16%

これは 保険制度の違いもありますが
歯医者に対する意識の違いも大きな要因です
日本では歯医者が嫌いまたは苦手とされる方
がまだ多くいるのが現状です。

歯科先進国では幼少期から歯科へ定期的に通院することにより、歯科への苦手意識はなく、歯について楽しく学ぶ場所になっているとの報告があります。

今 世界はグローバル化 が進んでいます。

日本の中だけでなく 世界中の人と仕事をしたり 関わりを持ったりすることが多くなってくると思います。

あいさつ🤝ひとつを見ても スキンシップをとる国も少なくありません。

口角を上げて ニコッと笑顔😁をした口元から 真っ白い歯が 輝くのと
歯周病で 真っ赤に腫れた歯ぐきや 黒ずんだ歯が見えるのとでは 相手に与える印象はどうでしょうか?

この人は 自分の歯もきちんと管理出来ないのかと その後の関係もあやうくなりかねないかも知れません。

歯をキレイにしたおかげで 自信がついて
積極的になったと言う話しも良く聞きます。

当院の患者様にも 
早く 来てればよかった!
とおっしゃる方も 少なくありません。

今 お口の中に 何かしらの問題を抱えていらっしゃる方も まず検診を受けましょう!

それから 健康になったお口で 笑ったり😃
お話ししたり 食べたりしましょう。

世界に通用する日本へ

今の親御さんは 昔と違って歯に対する知識
関心が高く ご自分以上に お子さんの口の中に敏感です。
とても 素晴らしいことだと思います。
 
子どもたちが 歯医者さんに怖がることなく
通ってくれて その子どもたちの子どもも続いてくれたら スウェーデン🇸🇪に負けない位の歯科先進国になるのではないでしょうか。

ケンタロウ歯科 福岡市南区柏原1-2-2 / Tel 0120-37-1815

ページトップへ戻る