子どもが歯ぎしりしてるけどこのままで大丈夫?

院長の中村ケンタロウです。

今回は1歳半のお子さんを持つお母さんからの相談です。

「子どもがギリギリと歯ぎしりしているけどこのままで大丈夫ですか?」

結論から言うとそのままで大丈夫です。

歯ぎしりと聞くと、大人がするものというイメージを抱く人が多いと思いますが、歯が生えた幼児でも歯ぎしりをすることがあります。

幼児が歯ぎしりをするタイミングは、だいたい生後8か月~10か月あたりだと言われています。
この時期は、乳歯が生え始める時期で、歯の生え始めに合わせて、幼児は歯ぎしりをするようになるということになります。

次に生えてくる歯の位置やあごの位置を決めようとする生理現象で、成長に伴うかみ合わせの変化に順応するために、歯をすり合わせてかみやすいポジションをつかんでいるのです。

大人は寝ている間に歯ぎしりをしますが、幼児は目を覚ましている状態でも歯ぎしりをすることがあります。
中には活発に動き回っている最中に歯ぎしりをすることもあるかもしれません。

小さな子供が歯ぎしりをすると何かと不安になるかもしれませんが、決しておかしなことではありませんので心配しなくて大丈夫です。

幼児の歯ぎしりは、だいたい2歳半くらいまで、場合によっては6歳くらいまで続くと言われています。
もちろん個人差もありますがいずれ収まるものですので、お子様が歯ぎしりをしているからと言って極端に不安にならず、じっくりと経過を見守るようしてください。

幼児の歯ぎしりは体に悪影響を及ぼすものではありませんが、場合によっては歯が欠けたり、歯がすり減ったりすることがあります。

多少歯が欠けたりすり減っているくらいであれば心配する必要はありませんが、歯が欠けてとがってしまい、唇を傷つける恐れがあれば歯科医院で歯を少し削って丸めてもらうといいです。

子供が歯ぎしりをしている期間は定期的にお口の中をチェックしてあげて、異変が起こっていないか確認するようにしてください。

ケンタロウ歯科 福岡市南区柏原1-2-2 / Tel 0120-37-1815

PAGE TOP