むし歯の治療をしてもむし歯になる⁉︎😱

こんにちは、歯科衛生士の小山です🐶

記録的豪雨も続いておりますが…

これ以上被害が広がらないことを願うばかりです😔

では今回のテーマですが、

むし歯の治療をした歯はもうむし歯にならないのか?

です。

同じ疑問を持ったことがある方も多いと思いますし、患者様にもよく聞かれます。

正解は

むし歯の治療をしっかりしたとしても…、

むし歯になります!!!!!!!!😟

一度治療したところが再びむし歯になることを

二次カリエス(二次う蝕)といいます。

*カリエス・う蝕とは、むし歯のことです。

下のレントゲンは以前むし歯の治療をして、銀歯が入っている状態です。(真っ白に見える部分が銀歯です)

下の赤く囲っているところが二次カリエスになっている部分です。

むし歯になるとレントゲン上で黒く見えますので、銀歯の周りが黒くなっていると二次カリエスになっているということになります。

二次カリエスになってしまう原因は、

①被せ物・詰め物やセメントの劣化

治療が終了して年月が経つと、

接着剤の劣化や、詰め物・被せ物と歯茎の間に

微妙な隙間ができてしまいます。

被せ物・詰め物をセットした直後は、

セメントによって境目が隙間なく埋め込まれていますが、

その後数何十キロにも及ぶ力が加わったり、

口の中の温度変化による刺激が加わったりすることで

セメントはだんだんと脆くなってしまいます

② 歯にプラークがついてしまう

被せ物・詰め物を接着するためのセメントの劣化のみならず

お口の中の環境によっても二次カリエスができやすいかどうか、というのは変わってきます。

歯磨きがうまくできていないと、その隙間に汚れがたまってしまい、むし歯菌が侵入しやすくなり、再度むし歯を発症してしまいます。

歯と歯茎の間に白い汚れが付いているのがわかりますか?

これがプラークです。

歯磨きがきちんとできていない場合はもちろん、

詰め物・被せ物の材質によっては歯垢がつきやすいものがあり、むし歯にかかる危険度は高くなります。

なので一度むし歯の治療をしてしまうと

二次カリエスになる可能性が出てきます。

最初は小さかったむし歯の穴も、

治療を繰り返すことにより詰め物が覆う部分が広がってしまい

今度は被せ物になり、どんどん残っている歯が小さくなっていき

最終的には歯を抜かないといけなくなるかもしれません…😢

また二次カリエスは自覚症状が出にくいことも多く、

深刻な状況になってから治療を受ける人が多いです。

《 二次カリエスにならないようにする為には 》

定期的に歯科医院に受診し、予防をする

詰め物や被せ物をしている歯は、より丁寧に歯磨きをし、

定期的に歯科医院を受診して

問題がないかチェックをすること、

普段磨き残しのある細かい部分のクリーニングを行うことがとても大切です!!!!!😤😤

『定期検診について』

定期的にチェックをすることによって

もしむし歯になってきていても

ひどくなるまでに処置をすることができます

⑵  歯ブラシをしっかりと当てて磨き残しを軽減する!

これはむし歯じゃない方にも言えるのですが

歯の表面は磨けていても

歯と歯茎の境目まで綺麗に磨けていないことが多いです!

おわかりいただけますでしょうか🤔

歯と歯茎の境目に歯ブラシを当てる方法は

歯ブラシのブラシの先を少し歯茎の方向に向かって当てると綺麗に磨けます!☝🏻

⑶  詰め物・被せ物をむし歯になりにくい材質に変える

詰め物・被せ物を劣化しにくいものにするという方法もあります!

具体的にはセラミックによる詰め物・被せ物に変える治療です。

セラミックは見た目の問題でやり変えることを希望する方が多いのですが、実は見た目のみならず二次カリエスにもなりにくいのです!!

なぜならセラミックは銀歯などの詰め物と違い、硬い素材で、劣化しにくく

表面がツルツルしているので汚れが付きづらいためむし歯になりにくいのです!

それだけではありません!

銀歯は歯にくっつかないためセメントを用いて合着するのですが、セメントは歯に接着するため、セラミックと歯の間にむし歯菌が侵入しにくいのです!

長期的に見ても、金属やプラスチックと比較するとセラミックの方が長持ちすることが多いです。

少しでも歯を長く持たせたい

と考えている方にはオススメです🥳

ただし、セラミックだからといって

むし歯にならないというわけではないです!🤨

セラミックを入れた歯にも定期的なケアを行うことがとても重要です!!!

歯磨きに自信のない方や詰め物・被せ物について分からないことがあればお気軽にご相談ください☺️

ケンタロウ歯科 福岡市南区柏原1-2-2 / Tel 0120-37-1815

PAGE TOP