乳歯がグラグラ動いてきたけど歯医者さんで抜いてもらった方がいいの?

院長の中村ケンタロウです。

「乳歯がグラグラ動いてきたけど歯医者さんで抜いてもらった方がいいの?」

という相談を受けました。

乳歯は生後6ヶ月頃に下の前歯から生え始め、2歳半頃に乳歯が全て生えます。

乳歯は全部で20本あり、6歳頃から生え変わります。

基本的には乳歯は下の大人の歯が生えてくると自然と抜けるようになっています。

ですので、わざわざ歯医者で抜かなくても大丈夫です

しかし、歯がグラグラ動くことで食事の時に痛みがある場合は、歯医者で抜いた方がいいです。

それから気をつけないといけないのは歯の生え変わるタイミングです。

歯の生え変わるタイミングは個人差がありますので、周りの子どもと比べて遅くても気にする必要はありません。

しかし、1年以上遅かったり、乳歯の下にある永久歯が違う方向から生えてきている場合は歯医者さんで抜いた方がいいです。

1番多いのは下の前歯がなかなか抜けなくて永久歯が乳歯より内側に生えてくることです。

通常は乳歯の真下から永久歯が生えてきますので、乳歯の根っこがだんだん吸収してきて短くなり、グラグラ動いてきます。

ほとんど根っこが吸収しているのがわかると思います。

しかし、永久歯が内側から生えている場合は、乳歯の根っこが吸収されていないので、なかなか抜けません。

乳歯を抜いてあげると、永久歯は舌の力でだんだん正常な位置に動いてきます。

もう1つ気をつけないといけないのは生まれつき永久歯がないことがあります。

これを先天性欠如といい、10人に1人の割合で永久歯がありません

これはレントゲンを撮らないと分かりませんので、生え変わりが遅いと思ったら1度歯医者でレントゲンを撮ってもらってください。

正常な場合、乳歯の下に永久歯があります

右の歯に永久歯がないのが分かりますか?

赤マルで囲っているところが本来あるはずの永久歯がない部分になります。

これは生まれつきですので誰が悪いとかではありませんし、原因も不明です。

気をつけなければいけないのはこの歯を一生使っていくので、むし歯にならないようにすることです。

乳歯は永久歯よりも短いため、歯の寿命が短いのです。

むし歯にならくても20歳頃に抜けてしまうこともあります。

しかし、少しでも長持ちさせるためにむし歯にならないように気をつけましょう。

<まとめ>

・基本的に乳歯は自然に抜ける。

・生え変わりが遅い・永久歯が違う場所から生えてきている場合は、歯医者で抜いてもらう。

・乳歯がなかなか抜けない、もしくは乳歯が抜けてもなかなか永久歯が生えてこないときは生まれつき永久歯がないこともあるので歯医者でレントゲンを撮る。

・永久歯がないときは乳歯がむし歯にならないように気をつける。

分からないことがあればお気軽にご相談ください。

ケンタロウ歯科 福岡市南区柏原1-2-2 / Tel 0120-37-1815

PAGE TOP