インプラント治療を安全かつ確実に成功させる方法

院長の中村ケンタロウです。

今回はインプラント治療を安全かつ確実に成功させる方法について書きます。

インプラント治療で大事なことは診査・診断です。

まず患者様の話をよく聞きます。

本当にインプラント治療を望んでいるのか、どれくらい綺麗な口元を望むのか、何を食べたいか、定期的なメインテナンスに来れるか、インプラント治療費についてなどです。

次に口の中の写真撮影、歯型を取って模型を作り現状を把握します。

写真や模型で咬み合わせや咬む位置を診たり、最終的にどういう歯が入ると理想的になるかを模型上でワックスを盛って確認します。

また、インプラント治療はンプラント体をアゴの骨に埋め込む治療なのでアゴの骨がないと基本的にできません。

ではどうすれば十分なアゴの骨があるかどうか分かるのでしょうか。

それはCT撮影(エックス線を使って身体の断面を撮影する)を行うことです。

これらの資料をもとにどの位置、どの角度にインプラントを埋入するか、直径何ミリで長さ何ミリのインプラント体を使うかを選択します。

また、審美性を重視するのか清掃性を重視するのかや骨の状態によってボーンレベルかティッシュレベルのインプラント体を選択します。

どのインプラント体をどの位置に埋入するのかが決まればあとはCT像を頭の中にイメージし、そのイメージ通りに骨に穴を開け、少しずつその穴を大きくした後インプラント体を埋入していきます。

ではそのイメージ通りに埋入できるでしょうか。

経験豊富な歯科医師であればそれは可能だと思います。

あとは空間把握能力に長けた歯科医師でも可能です。

もしくは十分な骨量があって多少ずれても問題がないこともあります。

しかし、インプラント体を埋入するに当たって予定した位置から1mmでも外れるとアウトなケースもあります。

ではそういったケースにはどう対応すればいいのでしょうか。

それはサージカルガイドと呼ばれるものを使うことです。

サージカルガイドとはドリルで穴をあける位置にドリルを固定するための穴があいたマウスピースのことで、インプラント体を埋入する位置や深さ、角度のズレをほぼなくすことができます。マウスピースを患者様の歯に装着し、あとはそのガイドの穴にドリルを固定し、穴をあけていくだけです。

サージカルガイドを使えば技術や経験が少なくても理想的な位置に安全に確実にインプラント体を埋入することができます。また、埋入位置や埋入位置を考えなくていいので手術時間を短縮することができます。

インプラント体を埋入する本数や骨量に応じたインプラント体の選択、埋入する位置・角度を決めるといった適切な診査・診断を行えば、後はサージカルガイドを用いて手順通りにやるだけです。

より安全で確実なインプラント治療を希望される方はご相談ください。

ケンタロウ歯科 福岡市南区柏原1-2-2 / Tel 0120-37-1815

PAGE TOP