矯正治療について

こんにちは、院長の中村ケンタロウです。

歯並びを気にする方は非常に多いですね。

思いっきり口を開けて笑えますか?

今回は矯正治療について説明します。

どうして歯並びは悪くなるのでしょうか?

それは、歯の大きさとアゴの大きさのバランスが崩れているからです。

歯の大きさとアゴの大きさが正常であれば歯は矯正治療をしなくてもキレイに並びます。

しかし、歯が大きかったり、アゴが小さかったりすると歯はキレイに並んでくれません。

成人の場合、アゴの大きさを変えることはできませんし、歯が大きいからといって歯を削るわけにもいきません。

ではどうすれば良いのでしょうか?

そうです。歯を抜くんです。

え?むし歯でもない健康な歯を抜くの?

と思われる方もいるでしょう。

半分本当で半分ウソです。

矯正はしたいけど歯は抜きたくないという方もたくさんいらっしゃいますし、実際に、全ての患者様に対して歯を抜くわけではありません。

きちんと検査をして、必要に応じて抜歯するかどうかを判断します

簡単に矯正治療の検査について説明します。

1.顔の写真を撮り、口元や骨格を見ます。

2.歯型を取り、歯のサイズを計測します。また、咬み合わせをチェックします。

3.レントゲン(セファログラム(頭部X線規格写真))を撮ります。

*当院にはセファログラムを撮る装置がありませんので、後日大学病院等で撮ってきていただきます。

これらを基に患者様の歯並びや骨格を分析し、診断を行い、治療方針・治療計画を決定します。

治療計画では、抜歯が必要なのかどうか、最終的にどういった歯並びになるのか、患者様に適した治療装置とその効果、治療期間などについて説明を行います。

実際に矯正治療でよく使う装置はマルチブラケットと呼ばれるものです。

これを歯の外側に貼り付け、ワイヤーを通します。そしてワイヤーが真っ直ぐになる力を利用して、歯を動かしていきます。

ワイヤーには色々な種類があり、そのワイヤーの特性を使い分けながら、歯を並べます。

治療期間は歯並びの状態による異なりますが概ね1年半〜2年くらいです。

月に1度、矯正治療の調整に来ていただきます。

治療費(診断料・分析料・装置代含む)は60~70万円で、毎月の調整料が3000~5000円かかります。

矯正治療中に1番気をつけなくてはいけないのは歯磨きです!

矯正治療中は非常に装置に物が挟まりやすく、むし歯になりやすいです!

歯並びはキレイになってもむし歯になってしまっては本末転倒です。

ですので、きちんと歯磨きをするのが非常に重要で、なおかつ矯正の調整に来てもらった際は、PMTC・フッ素塗布を行い、むし歯予防を行います。

それから矯正治療では、非常に弱い力を歯にかけることによって少しずつ歯を動かしていきますので、歯が痛くなります。特に調整後1週間は歯が痛くなりやすいです。しかし、歯がキレイになるためだと思って我慢してください。

また、歯にブラケットをつけますので矯正治療の最初の方は口の中に口内炎ができやすいです。しかし、だんだん口の中がブラケットやワイヤーに慣れてきますので、だんだん口内炎はできにくくなってきます。

これらを乗り越えて1年半後に歯がキレイに並びました。

しかし歯並びがキレイになったあとはそれで終わりではありません

歯並びが悪い歯をワイヤーの力で無理やりキレイに並べたので、また歯は元の位置に戻ろうとします。これを後戻りと言います。

ですのでこの後戻りを防ぐためにリテーナーと呼ばれるものを使います。

歯の裏側をワイヤーで留めたり、取り外しの装置などを使います。

最低でも歯を動かした期間は必要です。

これをしなければ、また歯並びが悪くなってしまいますので注意が必要です。

矯正治療は時間も費用もかかりますし、痛みも伴います

しかし、キレイな歯並びを手に入れるためには仕方ありません。

ここまでして美しい口元を手に入れるかどうかはあなた次第です。

分からないことや気になることがあれば何でもご相談ください。

ケンタロウ歯科 福岡市南区柏原1-2-2 / Tel 0120-37-1815

PAGE TOP