歯茎のホワイトニング!?👄

こんにちは、ケンタロウ歯科 歯科衛生士の小山です。

今回はガムピーリングについてお話しさせていただきます!☺️

ガムピーリングとは、歯茎に沈着してしまった色素を取り除く治療法です。色素が沈着してしまった薄皮を剥がし、回数を重ねることで新たな歯肉ができ、キレイなピンク色になっていきます。
歯茎がキレイになるだけで歯も白く見え、清潔感がある口元のように感じます。
「歯茎(歯肉)のホワイトニング」とも言われています!

ガムピーリングのやり方には
薬液塗布、レーザー照射、外科手術などがあり、当院では薬液を塗布する治療をしております!
専用の薬剤を用いて歯茎のピーリングをしていきます。
薬剤を塗布すると約 2 日~1 週間ほどで歯茎が白っぽくなります。その白っぽくなった薄皮(かさぶた)が 2 週間ほどで剥がれてくるとキレイな色に近づいていきます。
人にもよりますが何回か続けることでキレイな色になっていきます。

実際に治療された方のお写真になっております
Before


After

ガムピーリングはこんな方にオススメさせていただいております!
・歯茎の色が黒ずんでいる人
・タバコを吸う人
・歯のホワイトニングを考えている人
・口元をキレイにしたい人
・結婚式やイベントを控えている人
・接客や営業など人と会う機会が多い人

タバコを以前に吸っていた、もしくは今現在も喫煙している人はステインが歯茎に付着しやすくなります。
ステインというと歯の着色が有名ですが、実は歯茎もステインにより黒ずんできます。

また、歯茎が黒ずんでいることによって歯の色がくすんで見えることがあります。歯のホワイトニングを考えている人は一緒にガムピーリングをすることで効果を実感しやすいでしょう。結婚式やイベントが近々あったり、接客業などで人に会ったりする頻度が多いのであればおすすめの施術です!

薬剤を塗布した後に患部がヒリヒリしたり痛みが出たりすることがあります。また、歯を磨くときにブラシが当たると痛みやすいのでしばらくは優しく磨くように気を付けてください。
痛みの感じ方などは患者さんによって差があります。
お痛みが強い方は、消炎鎮痛剤(痛み止め)を処方いたします。
痛みは患者様によって個人差がありますので、痛みが出た場合は、我慢せずに痛み止めを服用されてください。
数日は痛みを感じていても 1週間~2 週間ほどでおさまってくることが多いです。

治療後に注意していただきたいことは
1.刺激がある飲食物は避ける

2.なるべく着色の強い飲食を控える

*どうしても外せない場合は、なるべくお食事した後に口をゆすぐようにしてください。

3.浮いてきた薄い膜は自然に剥がれてきますので無理やり剥がさないようにする

4.喫煙をされている方はたばこを控える

ガムピーリングをされる方はなるべくこの4つを守っていただきたいです。

気になる方は是非スタッフにお声掛けください😊

PAGE TOP