歯は鉄より硬い?

皆さん こんにちは 歯科衛生士の前田です。

緊急事態宣言が 1か月延長されました。

まだまだ 我慢の時ですが 
春には 明るい気持ちで 桜🌸の花を見たいものです。

お家で過ごす時間が増えると やはり 楽しみは 食べることになってしまう方も多いのではないでしょうか?

固い物が好きな方も沢山いらっしゃると思います。
固いお煎餅や ナッツや 軟骨など バリボリ噛んでも丈夫な歯🦷!

そんな歯は 実際どれくらいの硬さか考えたことはありますか?

結論から言いますと

歯は 鉄よりも硬い です!

物の硬さを量る単位として、硬さを10段階で表した「モース硬度」というものがあります。
人間の歯をモース硬度で表すと「7」で、これは水晶とほぼ同じ硬さです。

モース硬度=ひっかいた時の傷のつきにくさ

身近な物のモース硬度

• モース硬度1:チョーク
• モース硬度2:岩塩、純金
• モース硬度3:珊瑚
• モース硬度4:鉄、真珠
• モース硬度5:ガラス
• モース硬度6:オパール
• モース硬度7:人間の歯(エナメル質)、水晶
• モース硬度8:エメラルド
• モース硬度9:ルビー、サファイヤ
• モース硬度10:ダイヤモンド

硬いものとして連想しやすい”鉄”のモース硬度が「4」ですので、いかに歯が硬くて傷が付きにくいのかがわかりますね。

正確にいうと、人間の歯の表面を覆っている「エナメル質」が硬く、人間の身体の中で一番硬い組織といわれています。

この頑丈な歯のエナメル質ですが、実はとても弱いものがあります。それは、歯に穴を開けてしまう「むし歯」です。
歯垢の中にいるむし歯菌(ミュータンス菌)は、私たちが食べたり飲んだりしてお口に入った糖分を利用して「」をつくり、エナメル質を溶かします。(脱灰[だっかい]といいます)

この脱灰が続くと、どんどん歯が溶けて穴が広がってしまい、むし歯は歯の内部にある象牙質、そして神経がある歯髄まで破壊してしまいます。

鉄が水や酸素にさらされると錆びてもろくなるのと同じように、人間の歯(エナメル質)も、しっかり手入れをしないとむし歯によって簡単に穴が開いてしまいます。
日ごろからしっかりとした手入れをし、健康な歯で快適な食生活を送りましょう!

ケンタロウ歯科 福岡市南区柏原1-2-2 / Tel 0120-37-1815

PAGE TOP