インプラントにも歯周病⁉️😨

こんにちは、歯科衛生士の小山です。

今回はインプラントを入れたお口のケアについてお話しさせていただきます😬

「インプラントをいれるとケアが大変…?」

「入れたとしても長持ちするの…?」

高額であるインプラント。。。

🔰セルフケアでいかにインプラントを長持ちさせれるが変わってきます。

では、インプラントはいったい何が原因でダメになるのか…。

それは      インプラント周囲炎      です😨😨

インプラント周囲炎…?

初めて耳にする方がほとんどだと思いますが

インプラントの周りにも歯周病に似た症状が現れるのです!!!!

歯の周りの骨が溶けていくのが歯周病ですが、インプラントの周りの骨が溶けていくのがインプラント周囲炎です。

<インプラント周囲炎の特徴

  • インプラント周囲粘膜の腫れ
  • 粘膜からの出血
  • 膿が出る
  • ポケット(インプラントと粘膜の隙間)が深くなる
  • 粘膜の退縮(粘膜が痩せて下がる事)
  • インプラントの動揺・脱落など

インプラント周囲炎は進行しやすい…!?

インプラント周囲炎は、歯周病よりも進行しやすいという報告があります。

天然の歯には歯根膜という組織があり、

それが血液を供給することで細菌に対する抵抗力が高まっています。

ですので歯周病はゆっくり進行します。

しかし、インプラントには歯根膜はありません

そのため、周辺の歯肉の抵抗力が落ちて細菌に弱くなり、感染しやすいので、1度インプラント周囲炎になってしまうと進行は歯周病より速いです😷

また、歯周病に比べて、治療が困難なケースが少なくありません。

治療しても改善しないケース、あるいは骨の吸収が進行して治療による改善が

期待できないケースでは、インプラントを抜かなくてはなりません。

ですのでインプラントを健康な状態で長く維持させるためには、

歯科医師の指示に従って適切なセルフケアを行い、

定期的な検診を受け、インプラント周囲炎を予防することがとても大切です!

🦷 セルフケアについて 🦷

インプラントは管理が大変そう…と、思われますが

やっていくことは天然の歯でもインプラントが入っているお口の中でも変わりません😊

厚生労働省によると、20年後の残存率は90%以上あり、しっかりとしたメンテナンスとケアによって、審美性と機能性が長期間続くことが分かっています。😳(2018.6の資料にて)

いかにしっかり磨けるかがとても大切となってきます😊🌸

🦷  歯ブラシ

歯ブラシは自分の口に合ったものを選びましょう。

歯ブラシは毛先が広がってきたら交換が必要です。1ヵ月を目安に交換すると良いと言われています。毛先が広がってくると、せっかく磨いてもブラシの先がきちんと当たらず、プラークを取り残してしまいます。

インプラントにプラークが蓄積すると、インプラント周囲炎のリスクが高まりますので、歯ブラシは定期的に交換する事をおすすめします。

なかでもオススメなのはこちらです💁‍♀️

《ソニッケアー音波ブラシ》

電動ブラシと音波ブラシって違いはなに?😕」

🦷⁑電動ブラシ

その名の通り「電動」で動くものです。

歯ブラシのヘッドが動くことにより、歯垢を落とします。

それ以上の効果はなく、シンプルに歯ブラシを

手動でシャカシャカと動かさなくても良いというものです。

🦷⁑音波ブラシ

電動ブラシ同様、歯ブラシのヘッドの振動で歯垢を落とすことに加え、

これには音波を出す特徴があります。

音波によって高速の水流を起こし、

その水流の力によって歯垢を落とします。

高速振動によって多数の泡が発生し

ブラシの毛先が届いていなくても

周囲約2~3mmまでプラーク(歯垢)を除去できます。

ブラシの届かない清掃が難しい部分やステイン(着色)などを落とし、

細菌の線毛を破壊し構造にダメージを与えることも確認されています😳‼︎

✨✨✨細菌が付着しにくい歯にもしてくれます。✨✨✨

磨いた後も、歯医者さんでクリーニングした後のような

歯のツルツル感を味わうことが出来ます。

🦷インプラントに注意すべき歯磨き粉

インプラント治療後に避けた方がよいといわれている歯磨き粉は、

粒子の大きい研磨剤が配合されているものです。

大きな粒子が含まれる歯磨き粉を使うと、インプラントと歯茎の隙間に粒が入り込んで炎症を起こしたり、細菌の巣窟になったりする可能性があります。😖

特に、タバコのヤニや歯石の除去などの目的が強い歯磨き粉には、大きな粒子を含んでいることが多いため、インプラント治療後は使用を控えるのがベストです。

また、歯磨き粉を使うことでトラブルを助長しては意味がありません。インプラント部分に影響を与えかねない歯磨き粉は使わないようにしましょう。

🦷  オススメ歯磨き粉

市販の歯磨き粉では、インプラントに特化した医学部外品の歯磨き粉を選ぶとよいでしょう。

市販の歯磨き粉は虫歯予防などの観点からフッ素を含んでいることが多いです。

以前はフッ素がインプラントで使用されるチタンを腐食する可能性があるという見解がありましたがそこまで問題にはならないようです。

但し最近は市販でも高濃度のフッ素入り歯磨きが発売されているので高濃度の歯磨きは使用しない方が良いでしょう。

インプラント用と謳われている歯磨き粉を選ぶのが無難です☝🏻

市販の歯磨き粉でどれがよいのか迷うときは、歯科医や歯科衛生士に相談すると、アドバイスをさせていただきます😊

インプラントは天然歯と同様に、

適切なメンテナンスを行わなければインプラントは長持ちしません。

逆を言えば、適切にメンテナンスを行えばインプラントは長持ちします!! 

また、メンテナンスにより、口の中を清潔な状態に保つことは、インプラントはもちろん、残っている歯の寿命を伸ばすことにつながります。

・インプラント治療をお悩みの方

・インプラントに限らずセルフケアに自信のない方

スタッフが親身にご相談にのらせていただきます😊

是非メインテナンスを受けるのをお待ちしております

ケンタロウ歯科 福岡市南区柏原1-2-2 / Tel 0120-37-1815

PAGE TOP